ジャンプスターターに助けられるの巻

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、今年最初の記事が「ジャンプスターターに助けられるの巻」になったかと申しますと、元日初日の出でからの初詣に行き記事を書けたらと思いつつ車のエンジンを掛けたと事「カチッ」と鳴るのみでエンジンが掛からないのであります。

元日の夜からJAFを呼ぶのは忍びないし、ブースターケーブルも持ち合わせていないしで、困ったのでネットを検索してみると「ジャンプスターター」なるものを見つけました。車のバッテリーに繋いで、スイッチを入れれば、エンジンが掛けられるという品物です。

これは!!行けると思い早速ポチってしまいました。
しっかりしたハードケースになっております。
Arteck ジャンプスターター

中身はこんな感じです。バッテリーに繋ぐためのクリップがなかなかの存在感を放ちます。頼もしい限りです。
Arteck ジャンプスターター

本体はこんな感じ。形状はモバイルバッテリーにそっくりで、実際スマホやタブレットも充電できる優れものです。
Arteck ジャンプスターター

携帯等を充電するときはこちらのケーブルで。1本で4つ(iPhone4sまでの幅広サイズ、Lightningケーブル、USBミニ、USBマイクロ)が使えます。
Arteck ジャンプスターター

長くなりましたが、実際にやってみます。

Arteck ジャンプスターター

最初に 黒クイップをバッテリーのマイナス端子( – )につなぎ、赤クイップをプラス端子 ( + )につなぎでから、本体とケーブルを接続します。後はランプが赤から緑に変わったら(数秒)準備オッケー。後はエンジンを掛けるだけ。

キーを回します。

ブルるるん~

エンジン掛かりました。

こんな簡単に掛かるとは感激です。ちっちゃいのに、こんなに頼りになるとは。
常備車の中に入れときます。(1回の充電で20回ほどジャンプスタート出来るそうです)

寒い冬場やバッテリーに不安がある方は、考査してみてはいかがでしょうか。

コメント