寺社

寺社

愛宕神社

祭神は火の神である軻遇土神。愛宕信仰にもとづく愛宕神社の一つで、現在の社殿は慶長8年に藩祖伊達政宗が千代城に入城とともに造営したと伝わる。神仏分離以前は普賢菩薩を祭っていて、普賢菩薩は辰・巳の方角を守護するという事から辰年・巳年生まれの人を...
寺社

定義如来 西方寺

市民からは『定義山』と親しまれ多くの観光客が訪れる。平重盛公(内大臣、小松殿)の重臣だった肥後守平貞能公は平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後も源氏の追討をのがれ、世をはばかり名を「定義」と改めこの地...
寺社

勝楽山 高蔵寺

西暦819年に徳一菩薩が創建したと伝えている。阿弥陀堂は宮城県最古の木造建築で、平安時代の治承元年(西暦1177年)の建立。平安時代の建造物は、現在全国で26か所しか残っておらず、東北地方では、平泉の中尊寺金色堂、福島県白水の願成寺阿弥陀堂...
寺社

青麻神社

日本各地にある青麻神社・三光神社の総本社。中風病退除にご利益があり三度お参りすれば一生涯中風にならないと言われている。名水が湧き出る神社として知られており、水を汲みに多くの人が訪れる。 住  所 宮城県仙台市宮城野区岩切青麻...
寺社

三宝大荒神

藩政時代に鍛冶職人衆を住まわせていたことから、この地に「火伏せの神」として三宝大荒神が建立された。仙台市の保存樹木にも指定されている樹齢が約320年、樹高が21mに達するご神木のイチョウは、この地域のシンボルとして親しまれている。 ...
寺社

東漸寺

浄土真宗大谷派、京都の東本願寺の末寺である。1600年に利府に開山し霞目を経て1614年に南鍛冶町へ。2003年からの都市計画道路工事によって現在の地に移転した。実質的な初代横綱とも言われている第4代横綱「谷風」の碑がある。 ...
寺社

松音寺

かつては荒町の昌伝庵、南鍛冶町の泰心院、北山の輪王寺とともに仙台城下の曹洞宗四大寺と呼ばれた松音寺。政宗が晩年に居城としていた若林城の城門を移設し山門として使用している。境内には仙台三十三観音二十三番札所、地元の写真愛好家に人気の見事な枝垂...
タイトルとURLをコピーしました