新型コロナウイルス感染予防に伴い、各イベントで中止や延期が発表されていますので開催の有無については、公式サイトを確認してください。

国見、仏舎利塔の今


仏舎利塔ここは国見にある仏舎利塔(ぶっしゃりとう)です。仏舎利とは釈迦牟尼(しゃかむに)の遺骨のことで、それを納める仏塔のことを仏舎利塔と言うようです。

インドの様式を用いた仏教建築物ということで、造りがタージマハルを連想させますねぇ。行ったことはありませんが。。。


仙台仏舎利塔のあらましここ仙台に納められている仏舎利はインドのネール初代首相より、友好と世界平和を祈念し贈呈されたものの一つだそうです。


獅子の像インドの狛犬と言いますか、狛犬の起源と言いますか。両脇に獅子の像が見守っています。

阿形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)ではありませんでした。


街を一望できず小学校の遠足で来たときには仙台の街を一望できたと思ったのですが、今は木々が生い茂っていて何も見えません。

残念。


カバの遊具犬の遊具

敷地内にある遊具も心なしか寂しく感じられました。


後光のさす景色帰り際に見た光景は後光がさすようなこの画像。世界平和を訴えるかのように私を見送ってくれました。


【追記】2015年1月


正面2010年6月以来、約5年ぶりにやってきました。粉雪が舞うあいにくの天気です。


仏舎利塔からの景色やはり木々が生い茂っていて景色は拝めませんでした。


カバくんカバくんも健在です。雪の影響もあってかだいぶ汚れちゃいましたね〜。


新しい像おや?これは以前訪れた時には無かったような気がします。


新しい像のアップ真新しい像なので、わりと最近置かれたものでしょうか。


斜めからの景色次に訪れるのはまた5年後でしょうかね(笑)
ではまた。